TOP > イベント情報 & トピックス

2010年 7月 の記事一覧

特別展観「没後200年 上田秋成」開催記念として、
映画「雨月物語」映画鑑賞会を2日に分けて開催致します。

※雨月物語・・・第14回 ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞受賞作品

【開催日時】
平成22年7月30日(金)19時20分〜
平成22年8月  6日(金) 19時20分〜
※日の入りにより、開始時刻が遅れることがあります
※雨天中止
※上映時間 97分

【開催場所】
京都国立博物館 丸池付近(正門側) 16mmフィルムでの野外上映

※特別展観「上田秋成」チケット半券持参の方、小・中学生、キャンパスメンバーズについては無料でご覧頂けます。

【場 所】総本山 智積院  金堂にて
【時 間】毎朝 六時より(受付 五時半)

入 場 無 料

※椅子席も用意しておりますが、数に限りがごさいます。(約百席)
※終了後、智積院会館にて「朝がゆのご接待」をいたします。

演題について

◇ 八月一日 (日) 『坂本龍馬と京都』
歴史小説家 童門  冬二 氏

◇ 八月二日 (月) 『わたしの寺子屋活動 ~出会い、ふれあい、学びあい~』
真言宗智山派 大智院住職 長谷川  実彰 師

◇ 八月三日 (火) 『「業と輪廻」をさかのぼる ―ヴェーダ文献とことばの力』
東北大学大学院文学研究科教授 後藤 敏文 氏

→ PDFで詳細を確認する

第54回 智積院『暁天講座』依頼講師

童門(どうもん) 冬二(ふゆじ) 師 83歳

歴史小説家。東京生まれ。本名太田久行(おおたひさゆき)。1944年(昭和19)志願して茨城県の海軍土浦航空隊に入隊。翌年第二次世界大戦の終結を迎え、復員後、47年(昭和22)東京・目黒区役所に就職。のちに東京都庁へ移り、東京都立大学事務長、都広報室課長、企画関係部長、知事秘書、広報室長、企画調整室長、政策室長などを歴任。79年、都知事美濃部亮吉(みのべりょうきち)の引退とともに都庁を去り、作家活動に入る。

最近の代表作 『前田利家』 『三国志赤壁の戦い-天下分け目の群雄大決戦』

長谷川(はせがわ) 実(じっ)彰(しょう) 師  62歳  8月2日講演

真言宗智山派 大智院住職。 昭和23年2月16日生まれ。昭和45年大正大学卒業。大学在学中は児童研究部に所属。子ども会活動に携わるほどに青少年育成の奥の深さを知り、本格的な寺子屋活動に取り組みだす。以来、昭和初期より継続している寺子屋を引き継ぎ、現在に至るまで草の根的な青少年活動に取り組んでいる。

他、全国子ども会連合会専門委員、民生児童委員、教誨師としてもご活躍。

※「第34回正力松太郎賞」受賞。

後藤(ごとう) 敏文(としふみ)師 62歳  8月3日講演

1948 年生まれ。

早稲田大学第一文学部卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。
現在、東北大学大学院文学研究科教授。
日本印度学仏教学会(理事)、日本仏教学会、印度学宗教学会(前会長)、インド思想史学会(理事)、南アジア学会(理事)、日本言語学会、日本オリエント学会、日本宗教学会、 東方学会などに所属。 中期インド語、チベット語などで書かれた文献を読み、バラモン教や仏教、ヒンドゥー教などの思想、宗教、哲学はもとより、歴史や生活、制度や科学知識などを解明するという、幅広い分野を包含するインド学をご専門とする。

特に『ヴェーダ』文献を中心とした古代インドの言語、文献、思想の研究をしている。



イベント情報一覧へ

▼ 京都 東山区南部地域の寺社仏閣の紹介

| 新日吉神宮 | 蓮華王院 三十三間堂 | 泉涌寺 | 瀧尾神社 |
| 智積院 | 東福寺 | 豊国神社 | | 法住寺 | 養源院 |