TOP > イベント情報 & トピックス

'智積院' の記事一覧

期間:2010年4月24日(土)〜5月9日(日)
拝観料:大人800円、中学生・高校生400円(1ヶ所の料金)
時間:午前9時分〜午後4時
会場:智積院

※拝観料は文化財の維持管理に充当されます。

智積院 びるしゃな寄席

びるしゃな寄席 チケット販売・電話対応について
開催日程 平成21年1月29日(金) 午後5時 受付開始
午後6時 開会 (~午後8時 閉会)
内  容   第一部 法 話
第二部 東西落語ききくらべ
出演者)東:入船亭 扇辰(いりふねてい せんたつ)
西:桂 紅雀(かつら こうじゃく)
チケット   前売券   1,000円
当日券   1,200円
※ 前売券 販売締め切り 1月28日(木)まで
※ 入場者に、粗品をプレゼント
(※暁天講座で配布して余った品を予定)
※ 前売券販売 当日午後5時から
販売方法   ①会館での窓口販売
②送付を希望する場合、現金書留で「チケット代・返信用封筒」を同封のうえ送付してもらうこと。
③取り置きも行う。
そ の 他    問い合わせ窓口は、教化部教宣課とする。

びるしゃな寄席 チケット販売・電話対応について

・開催日程
平成21年1月29日(金) 午後5時 受付開始
午後6時 開会 (~午後8時 閉会)

・内  容

第一部 法 話
第二部 東西落語ききくらべ

出演者)東:入船亭 扇辰(いりふねてい せんたつ)
西:桂 紅雀(かつら こうじゃく)

・チケット
前売券   1,000円
当日券   1,200円

※ 前売券 販売締め切り 1月28日(木)まで

・チケットのお問い合わせ
智積院 教化部教宣課まで
TEL : 075-541-5361
FAX : 075-541-5364

→ イベントの詳細についてはこちらのPDFファイルをご確認下さい。
智積院|第45回 京都秋期非公開文化財特別拝観
1、公開期間   平成21年10月30日(金)~11月8日(日)
2、主  催   京都古文化保存協会
3、受付時間   午前9時から午後4時まで(午後4時30分閉門)
4、公開内容
講堂襖絵「四季墨絵」(金剛の間、不二の間、胎藏の間)
宸殿襖絵「婦女喫茶図」他
名勝庭園
国宝障壁画「桜図」「楓図」「松に秋草図」
5、拝 観 料    一般 800円 /中・高生 400円
※小学生以下の方は、保護者同伴につき無料

1、公開期間   平成21年10月30日(金)~11月8日(日)

2、主  催   京都古文化保存協会

3、受付時間   午前9時から午後4時まで(午後4時30分閉門)

4、公開内容

講堂襖絵「四季墨絵」(金剛の間、不二の間、胎藏の間)

宸殿襖絵「婦女喫茶図」他

名勝庭園

国宝障壁画「桜図」「楓図」「松に秋草図」

5、拝 観 料    一般 800円 /中・高生 400円

※小学生以下の方は、保護者同伴につき無料

智積院秋季特別拝観

1、公開期間   平成21年10月10日(土)~10月25日(日)

2、主  催   総本山智積院

3、受付時間   午前9時から午後4時まで(午後4時30分閉門)

4、公開内容   講堂襖絵「四季墨絵」全図

5、拝 観 料    一般 800円 /中・高生 500円 /小学生 300円

※20名様以上の団体につきましては、各々50円引

<田渕俊夫画伯 講演会>
平成21年10月17日(土) 午後1時 / 午後3時
18日(日) 午前11時 / 午後1時 (合計4回)

場所:智積院講堂(不二の間)にて ※拝観者のみ聴講可

智積院観月会

【日時】10月3日(土)17時受付開始 18時〜20時30分

第一部 声明・瞑想(月輪観)
第二部 フルート・ハープ・チェロによるお月見コンサート

【場所】智積院 講堂にて

→ PDFファイルにて詳細を確認

8月の1日~3日にかけて、智積院にて暁天講座が催されます。

・8月1日(土)

宮脇 昭 氏
財団法人 地球環境戦略研究機関 国際生態学センター長

演題『 いのちと心を守る ふるさとの森を! 』

・8月2日(日)

廣澤 隆盧 師
智山伝法院長 / 大正大学教授

演題『 眼に見えないものを考える 』

・8月3日(月)

太鼓持 あらい 氏
幇間(ほうかん)

演題『人生を楽しく生きるコツ -笑いと祈りのこころ- 』

【場所】総本山 智積院 金堂
【時間】毎朝 6時より(受付 5時半)
*入場無料

詳細は下記URLよりご確認下さい。
http://www.chisan.or.jp/chisan/event/gyoten2009/index.html

2009年6月1日より、智積院講堂では田渕俊夫氏が5年の歳月をかけて制作した襖絵を公開。

智積院 田渕俊夫の襖絵

2008年10月7日に奉納式が行われたこの襖絵は、不二の間、胎動の間、金剛の間、大悲の間、智慧の間の5つの講堂を仕切るもので、桜、けや木、すすき、雪山など春夏秋冬の時の流れと空間の広がりを墨絵で表現している。

智積院 青葉祭りの様子 - 1

弘法大師、興教大師両祖の御誕生を祝う行事。

正式には「両祖大師御生誕慶祝法要(りょうそだいしごせいたんけいしゅくほうよう)」といいますが、御二人が生まれた6月は緑美しい季節であることから、「青葉まつり」と称されます。

智積院の青葉まつりでは、お練行列をはじめ、柴燈大護摩供法要や、手作り市「まんだら市」、諸堂を渡り歩いての御朱印集め等、さまざまな催しを行います。

智積院 青葉祭りの様子 - 2

また、大書院の庭園をはじめ、長谷川等伯一門の障壁画、国宝の「楓図」「桜図」など、収蔵庫も特別に無料公開されます。

【日  程】615()
【時  間】 10
【拝観料金】 当日に限り無料
※通常は大人500円・中高生300円・小学生200

お問い合わせ

智積院(ちしゃくいん)

京都市東山区東大路通七条下ル東瓦町964
TEL075-541-5361
http://www.chisan.or.jp/sohonzan/

10月4日(土)

智積院にて玄宥僧正忌。 智積院化主第一世のご命日。

参加:要事前確認

次のページへ »


イベント情報一覧へ

▼ 京都 東山区南部地域の寺社仏閣の紹介

| 新日吉神宮 | 蓮華王院 三十三間堂 | 泉涌寺 | 瀧尾神社 |
| 智積院 | 東福寺 | 豊国神社 | | 法住寺 | 養源院 |